FC2ブログ

社長のなんでも日誌

仕事に追われる日々ですが、心に留めておきたい、そんな言葉を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

留学生

 梅雨末期の集中豪雨のニュースが流れてきます。
日本がモンスーン地帯にあることを思い知らされる
この頃です。
 日本とは逆に常に渇水に悩まされている国
は多いですね。そのひとつにオーストラリアが
あります。山火事に焼け出されて非難するコアラ
の映像を見たことがある方は多いと思います。
 実はその国の学生を今、私の自宅に受け入れて
います。18歳の女子ですが、水戸の高校に通って
います。約3ヶ月の期間です。
 最初に この話しがあって家族に相談したとき
は、正直、家族はあまりのり気ではありません
でした。私自身は、学生のときにカリフォルニア
に短期ホームステイした経験がありましたので、
そのときの経験をもとに説得しました。
 実際にもう3週間ほど一緒に生活してみて
どうだったかというと、全然違和感なく普段
どうりの生活がおくれているなという感じ
です。女子ということもあり、一番自然に接する
ことができるのが家内です。お弁当の世話だったり
自然に我が子の世話をするように接しています。
 中学一年になる娘は、最初は戸惑いもあった
ようですが、今では極、自然に接しています。
先日は、家族そろって筑波山に行ってきました。
次第に家族が増えたような感覚になってきて
いますが、逆に彼女が日本を去るときは、
寂しくかんじることでしょう。
 最近終わったワールドカップを見ても
思うことは、ますます世界の結びつき
は深くなってきているということです。
日本は今、ガラパゴス化して世界においていかれ
ていると言われていますが、ワールドカップ
での日本の活躍をみても、その独自性をだせば
まだまだ世界に通用するとも言えると思います。
 しかしながら、世界に通用するためには、
億することなく世界に飛び出していく若者
がもっともっと増えないといけないとも思います。
17、18で自分の殻を破って異文化に飛び込んで
くる彼女の姿をみて、その思いをつよくして
いるこのごろです。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/14(水) 10:20:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urbanhousing.blog61.fc2.com/tb.php/192-b46b5d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。