FC2ブログ

社長のなんでも日誌

仕事に追われる日々ですが、心に留めておきたい、そんな言葉を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

余震

 4月に入りましたが、相変わらず余震が続いています。
震災発生から3週間が過ぎているのにまだ余震が発生する
ということが、今回の地震の異常さを物語るでしょう。
余震の発生については、一説によれば、3カ月は安心できない
そうです。
 今回の震災による騒ぎもひとまずは落ち着きを
取り戻した感じがしますが、本当の危機はこれから
来るということも言われています。原発が沈静
しないことが、人々のこころに大きなしこりを残して
います。短期的な景気の悪化も避けられないでしょう。
破壊されたインフラの整備にどれだけのお金と
時間が必要とされるのか、検討もつきません。
 弊社の地元も震災で大きな被害を受けました。
道路は今もいたるところで陥没しています。
通行止めの橋脚もいまだに多くあります。
でも、幸いなことに、東北地方のような甚大な損害
ではありませんでした。復興も比較的早く進むと
期待しています。
 これから心理的な委縮によって、短期的な景気悪化
は避けられないでしょうが、破壊されたインフラの整備
をするという需要も間違いなく発生します。
そういう意味では、一年、二年の単位でみた景気は決して暗い
側面ばかりではないと私は思っています。
 むしろ、長く続いたデフレから脱却するチャンス
になる可能性もあると思っています。現在も供給不足
による物価の上昇が一部にあります。これは良い
物価上昇ではありません。しかし、復興に向けた需要が高まる
という人々のマインドが広がれば、需要過多による
良い物価上昇と景気上昇のトレンドになる可能性があります。
 楽観的すぎるでしょうか?私は決してそうは思いません。
戦後、私たちの先人はそうして、日本を復興させてきたのです。
今、求められているのは、バラマキをやめて復興に資金を
注入するという政治の強い意志表示。そしてそれをサポート
する私たち一般民衆の意思でしょう。

 
スポンサーサイト
  1. 2011/04/02(土) 16:16:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urbanhousing.blog61.fc2.com/tb.php/210-28a2451f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。