FC2ブログ

社長のなんでも日誌

仕事に追われる日々ですが、心に留めておきたい、そんな言葉を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

梅雨がもどってきたような天気が続いています。
集中豪雨で新潟、福島が大変なことになっているようです。
それにしても、福島は受難の年になりました。
地震、津波、原発の次は集中豪雨です。福島県は
よほどついてないのかも知れません。
 ついてないといえば昨今の円高も日本の製造業
にとっては、よほどついてない状況でしょう。
77円台という未知の領域に入ってしまってます。
製造業はもはや国内にとどまれないという悲鳴
が聞こえてきます。
 しかし、製造業の保護にこだわっていては、
大局を見逃すと自分は思っています。日本の国内
経済は今でもある程度の規模があります。
他国から外貨を稼ぐことに腐心するばかりでは、
経済不振、デフレ、円高のくびきから逃れること
はできないでしょう。
 国内の需要を喚起することに注力すべきです。
今回の震災はその意味では、不幸な出来事では
ありましたが、これからの経済にプラスの
影響を与えていきます。復興のためには、莫大
なお金が使われるからです。すでに、東北の建設業
はミニバブルの様相を呈しているという声も
聞こえてきます。
 震災復興は大きな出来事ですが、根本に迫る
ことはできません。日本を建てなおすためには、
やはり規制の緩和が必要であると思っています。
小泉改革は多くの批判に会い頓挫した格好ですが、
改革の方向性は決して間違ってなかったと思って
います。日本がどん底に落ちる前にもう一度
規制緩和を求める声が高まってほしいと思って
ます。
 弱者切り捨てのイメージが強かった小泉改革
を多少バージョンアップさせ、福祉で必要な
政策は成長戦略として実施する。そして無用
なバラマキ施策は即中止する。同時に徹底的
な規制緩和で復興と経済振興を促す。
とるべき道はあきらかだと思います。
 http://urbanarchitech.com/
スポンサーサイト
  1. 2011/07/30(土) 11:17:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urbanhousing.blog61.fc2.com/tb.php/217-d855c6cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。