FC2ブログ

社長のなんでも日誌

仕事に追われる日々ですが、心に留めておきたい、そんな言葉を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東北復興と規制緩和

 早いもので明日であの日から半年になります。そして、
偶然とは言え9/11から10年になります。ひとつの節目と
言えるのでしょう。9/11の日にテレビで見たあの画像も目
を疑うような光景でしたが、3/11の日に体験し、のちに
画像で見た津波の光景も想像を絶するものでした。
 9/11後、アメリカは、テロとの戦いを標榜し、戦争への
道を突き進み、膨大な財政赤字を生み出し、その資金を
生み出すために怪しげな金融工学を駆使しバブルを生みだし。
挙句の果ては世界に不況を拡散させました。リーマンショック後
一次的に持ち直したものの、今またその付けを払う時期に
きています。あの事件がアメリカの凋落の起点になったのは
あきらかでしょう。
 3/11ではどうでしょう。10兆円の補正とか3兆円を
自治体に回すとかいう財政面の支援項目は目白押し
になっていますが、その財源を確保するところに着手
しなければ、日本も3/11を起点にして没落していった
国家として後世の歴史家に記述される国になるでしょう。
それでなくても高齢化による国力の衰えは顕著です。
 それとひとつ気になる報道を耳にしました。
被災地の声ですが、「すべての進行が遅すぎる」
「そして規制の緩和をする特区指定をしてくれ」
というものです。例えば、津波に襲われた地域のひとたち
が自力でしかも自分が所有している高台の土地に新築
を希望しても、そこは農地でしかも農振地区と
いう補助金が入った土地で、家を建てることが
できないというのです。農振地区を解除するためには
半年もまたなければならないというのです。
 農振地区に家をそのまま建てることはできないのは
いうまでもないことですが、それは平時の規制では
ないでしょうか。異常な事態、天変地異が起こったとき
には、迅速な規制緩和が必要ではないでしょうか。
膨大な国費を投入することも必要なことでしょう。
でもその前に地域を限定した規制緩和がなにより
早く行われることが必要です。それが、貴重な財源
を有効に活用することにもなるはずです。
 規制、規制でがんじがらめにされ、活力を殺がれた
地域経済と民間活力の頸木を解いてやる必要が
今、この国にはあると思います。少なくても
東北3県にはいち早い対応をしてあげましょう。
 
スポンサーサイト
  1. 2011/09/10(土) 10:17:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urbanhousing.blog61.fc2.com/tb.php/219-9af12954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。