FC2ブログ

社長のなんでも日誌

仕事に追われる日々ですが、心に留めておきたい、そんな言葉を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ソウル

 連休の3日間、韓国のソウルに家族で旅行してきました。
海外旅行は様々なところに行きましたが実は、韓国に旅行
するのは、初めてでした。
 近頃の韓流ブームに触発されたわけでもないのですが、
ともかく一度いってみようとは思ったのです。
韓国という国はあまりにも日本と近い国。歴史的に日本と
は大きなかかわりを持ってきた国です。二度も日本に軍事的
に侵攻され、そのために日本に対する反抗意識とライバル意識
が大きな国だと思っています。
 実際にそういう面は今でも根強いと思います。私もそういう
感覚が表にあったのでいままで旅行に行くのをためらって
いたのではないかと思います。
 豊かになった韓国は、今では、日本と同じもしくは、一部
は日本以上の生活レベルにあるという実感を持ちました。
欧米や日本にキャッチアップすることを目標にしてきた
経済は、今や一部の企業で世界をリードしています。
一時日本が世界の経済を席巻した時代を今は韓国が再現
しようとしているようです。
 一日ソウルを案内してくれたのは、ガイドの韓さんという方
でした。70歳くらいの品の良いご婦人です。幼いころ日本
で暮らし、土浦に住んでいたそうです。霞ヶ浦でおぼれた
ことがあるという逸話を話してくれました。
 日本で生まれ終戦を迎え、プサンで朝鮮戦争を経験し、
ソウルに移り住んだそうです。その品の良い笑顔のなかに
歴史に翻弄されてきた苦労が隠されているような気が
しました。
 韓さんがいうには、「韓国は今は、世界一の少子化の国です。
韓国はなんでも日本を真似してきました。日本も少子化ですが、
そんなとこは真似しなくてもよいのにね。でも、ありがたい
ことに韓国には、外国からたくさんの方が移民としてきてくれて
います。20万人にはなるようですよ。本当にありがたいこと
ですよね。」
 韓国と日本で何が一番違うのかといえば、戦略を持っているか
どうかだと思います。世界で勝負するという戦略のある韓国に
とっては、人材を世界に求めるのは自然なことです。
それが少子化問題の解決にもなります。
世界で勝負するというコンセプトで世界に通用する人材も育ち
世界規模の会社が作られてきました。
歴史に揉まれ、北から南から常に隣国に侵略されてきた
歴史をもつ韓国という国は、経済にしても、政治にしても
世界で成長するというきちんとした戦略をもっています。
かたや、日本では、政治が停滞し、
役人は自己保全に走り、なんの戦略も持たずに、世界を
漂流しているかのようです。
 今は、すなおに隣人に見習い、学ぶべきところは隣人に
学び、自らを変える手本とするべきときなのかもしれません。
隣人の成功をやっかむだけでは、何も生まれないです。
そんなことをこの連休で思いました。
 
スポンサーサイト
  1. 2012/05/07(月) 11:16:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urbanhousing.blog61.fc2.com/tb.php/233-dd4a5b66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。