社長のなんでも日誌

仕事に追われる日々ですが、心に留めておきたい、そんな言葉を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

全国賃貸住宅フェアー

 高温注意報が連日出されています。ロンドンオリンピックの
熱戦の数々も熱いですが、日本の暑さもピークになっているようです。
先週は、全国賃貸住宅新聞社が主催するフェアーに出展してきました。
今年は、高齢者住宅の各ブースも多く出展していましたが、
むしろ、太陽光関連のブースのほうがにぎわっていた感がありました。
そんななか、弊社が主催するセミナーは満員盛況の状態でした。
 出席していただいている方々を見ると。一時の建築、不動産業者を
対象にした盛り上がりは、一段落した感はありますが、高齢者住宅に
投資しようとする地主、オーナーの方の関心は、まだまだこれから
盛り上がっていくだろうという予感がします。
 賃貸住宅フェアーの基調講演会の講師が、私の尊敬する野口悠紀夫先生
でした。最前列に近い場所で、初めての野口先生の講演を生で聞きました。
賃貸住宅オーナーに対して、今回の消費税増税が賃貸経営に与える
影響について平易に教えていました。そのなかで持論であるインボイス
導入の必要性を賃貸経営の面からも主張されていました。
そして、最後にやはり、人口動態の面からも、日本の移民政策の見直し
が急務であるということを講演されていました。
 さすがに野口先生の主張には、実態にそくした迫力があります。
私の日頃の考えにぴったりマッチする部分があります。
こういう先生の主張がもっと、日本の政治に取り入れられるべきで
あると私は信じています。
 今年の全国賃貸住宅フェアーは、会社的には、即実績につながる
実りは多くなかったですが、個人的には、野口先生の生の講演を聞く
ことができて大変満足すべきものでした。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/04(土) 10:21:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urbanhousing.blog61.fc2.com/tb.php/239-3e8c8ce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。