社長のなんでも日誌

仕事に追われる日々ですが、心に留めておきたい、そんな言葉を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年のテーマ

 年が明けまして昨日から本格的に業務をスタートしてます。
去年誕生した自民党政権への期待から円安、株高と久しぶり
に明るい雰囲気で新年を迎えた日本経済という感じがします。
新聞紙上には、補正予算12兆上積みとか、防衛費増額とか
いかにも景気がよさそうな文言が飛び交っています。
 でもちょっと待ってくれという感じです。これは、ひょっと
していつか来た道ではないのか?という疑問です。
かつての自民党時代に公共投資等で膨らんだ国の借金に対して
国民が抱く不安感から、政権の座を追い落とされたのが自民党
ではなかったのかということです。はたして、この政策は、
持続可能なのでしょうか。そのことについては、野口悠紀夫氏が
ダイヤモンド紙上で冷徹な批評をしています。
 いわく、「今度の政権誕生によって、この国の財政はすでに
コントロール不能な状態に陥った。歴史上、コントロール不能
な財政状況を抱えた国は、高いインフレ率でその借金を清算する
道以外は残されていない。」私たちの未来が明るいものである
確信がなければ、真の景気回復はあり得ないと思うのですが。
 ところで、弊社の今年の状況はとりあえず順調な滑り出し
と言っていいと思います。今年は、サ高住の開発建築案件も
増えてきています。2月末まで延長された補助金に間に合う
かどうかが、今年の工事の完工にかなり影響すると思いますが
総じて高齢者住宅の開発と建築は順調な年になるでしょう。
「ご長寿くらぶ」として去年からスタートした直営部門について
は、他社で供給される案件が増えているため、新規顧客の
獲得に苦労する年になると予想してます。そのため、直営の
営業部門を強化していきます。これからは膨らんだ市場に
多くの事業者が参加してくるステージになっていきます。
多くのプレーヤーが参加する市場で競争に勝っていく。
これが今年のテーマになるでしょう。いずれにせよ、競争は
民間企業の宿命です。今年も必ず勝ち残っていきます。
 
 


スポンサーサイト
  1. 2013/01/08(火) 10:58:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urbanhousing.blog61.fc2.com/tb.php/251-2e720d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。