FC2ブログ

社長のなんでも日誌

仕事に追われる日々ですが、心に留めておきたい、そんな言葉を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

隘路

 もうじき6月ともなると、時折蒸し暑さを感じるようになります。
 今年の梅雨入りは早いのでしょうか。
報道によれば、日本の経済は、消費税増税による悪影響をどうやら
乗り切れるようだということです。予想された消費の落ち込みも想定の
範囲ということだということです。めでたくデフレを脱したかに見える
日本経済は、次にきたるべきインフレというモンスターをうまく
コントロールできるのでしょうか?
 昨今は弊社の仕事にもアベノミクス(もうこういうのは古いのではないか
思います。黒田総裁の名前もいれて、いっそうアベクロノミクスにしたほうが
いいと思いますが。)の影響がひしひしと押し寄せてきました。
自民党が復活して以来、公共工事が増え、工事に人手が確保するのが
難しくなってきているのですが、それに加えて、新規にオープンしてくる
介護職員の確保も時間がかかるようになってきました。
 介護業界の給与はどうしても介護保険を前提にしている以上、景気がよく
なったからといって簡単にはあげられないのです。円安によって潤った輸出
型産業のメーカー等の企業は給与をあげて人手を確保するでしょうが、
その分、介護業界に回ってくる人員がどうしても少なくなります。
このままでは、深刻な介護業界の人手不足が、この業界に大きな影
投げかけてくるでしょう。
 なんとかしなくてはと、弊社も高齢者の方の雇用に力をいれています。
一度現役を引いた方も弊社にとっては、立派な戦力です。建築の現場でも
介護の現場でも弊社にとっては、大きな戦力になってます。しかし、そういった
対策も完全にはこの問題を解決には導きません。いっそ、景気が悪くなって
くれないかと、真剣に望んでしまいます。
 今後、日本経済はしばらく、この人手不足という生産の隘路に悩まされる
ようになるしょう。政府がどこまで、この問題を真剣に考えているのか、
政府のとる規制緩和政策の流れにも注目していかなくてはならないと思います。
過去には、ずいぶんと失望させられてきているのは、事実ですが。

 
スポンサーサイト
  1. 2014/05/27(火) 17:24:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urbanhousing.blog61.fc2.com/tb.php/268-b80b06ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。