社長のなんでも日誌

仕事に追われる日々ですが、心に留めておきたい、そんな言葉を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

障害者施設

 朝、散歩に出かけるときの空気の冷たさが秋の深まりを教えてくれる
このごろです。もうじき11月。今年やり残したことがないように、今から
振り返りをしなければならない時期にきています。
 11月から、弊社自社ビルの上階に、障害者グループホームがオープン
します。もう一年以上前から企画していたのですが、なかなか実現できま
せんでしたが、やっと開設にこぎつけました。弊社の自社ビルは、2階が
オフィス、3階から6階が健康型有料老人ホーム、そして、7階8階が今回
オープンする障害者グループホームになります。
 なぜ、弊社で障害者グループホームを運営するのか?それは、弊社の
社是である地域貢献ができる仕事だからです。弊社は現在、高齢者住宅
ビジネスを展開していますが、この仕事を展開する動機も、地域貢献
と社会的弱者のちからになるということにあります。そして同じ動機で
、障害者施設を始めるのです。
 そして、弊社が手がけるならば、それは、ビジネスとして成り立つもの
でなければならないと思っています。私が高齢者住宅ビジネスをはじめた
ときからのコンセプトは、地域貢献ができる福祉の仕事を、民間のちからで
効率よく運営すること。そして民間のビジネスとして展開するなら、その
サスティナブルの証として、それは、適正な利益が発生するものでなけれ
ばならないと思っています。
 利益追求主義は、福祉の精神を歪めるものだ、という批判もあると思います。
しかし、私が思うに、福祉の仕事であるから、継続性を重視しなければならない
し、そのための最低限の利益は、どうしても必要だと思っています。
利益があるから民間でできる。民間でできるから効率よく運営できるのです。
 今回オープンする障害者施設は、昨今はやりの「一億総活躍社会」にも
かなうものになるでしょう。障害者の就労支援を通じて、未就労の障害者も
社会参加ができるようにサポートするつもりです。あるいは、弊社の運営する
高齢者住宅施設での就労も可能かもしれません。そうなれば、介護人員不足
にも一役かってくれるかもしれません。それが、可能になれば、高齢要介護者
と障害者たちの共生共助がかなうかもしれません。
これが弊社の目指す地域貢献の理想になることを目指しています。
 そして私は、現在の政治に置き去りにされているもうひとつ大事なピースがある
ことに気づいています。それは、シングルマザーのような社会的弱者をサポート
するシステムです。その工夫はこれから進行するプロジェクトで手がけるつもり
です。請うご期待です。弊社のプロジェクトは次々進行します。
すべては、地域貢献のためです

スポンサーサイト
  1. 2015/10/21(水) 16:39:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urbanhousing.blog61.fc2.com/tb.php/282-7428e10f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。