FC2ブログ

社長のなんでも日誌

仕事に追われる日々ですが、心に留めておきたい、そんな言葉を綴っていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NHkスペシャル


 12月に入って 朝暗い中を散歩に出るるようになってきました。
冬至も近づいてきています。田んぼにもうっすらと霜が降っています。
 さて、先日のスペシャルNHKスペシャルで無届け施設に関する特集を組んで
いました。無届け施設については、これは今に始まった問題ではなく
業界では、以前から知られていることですし、今なぜ無届け施設の特集
を組むかと言う事はある意味では興味深いことです。
 NHKの特集は、どこか御用記事のにおいが感じられる気がします。
あるいは、これも昨今の新三本の矢に関連した特集なのかと
かんぐってしまったりします。すなわち、新三本の矢の政策を進める
露払いかということです。
 特集の内容は、今更という感じがしますが、こういった施設が多数存在する
ことは事実です。無届け施設の何が問題なのか、そして無届け施設の
存在する理由はどこにあるのか?そういった説明としては、
NHKの特集は、1つの意味があるように思いました。
ただし、相変わらずNHKの特集は問題を提起するばかりで、
どうすれば解決できるかという問いには答えていません。
無届け施設が全国多数存在するのは事実ですし、またそれを必要とする
人たちが多数存在することも事実です。そしてそういった人たちの受け皿
となるべき特養などの施設が圧倒的に不足していることもまた事実です。
そして今一番大きな問題となっていることは、施設があったとしても
それを支える介護の人材がまた圧倒的に不足している、と言う事実です。
果たしてこういった問題を解決する方法は、あるのでしょうか?
 私にはその解決方法は1つしかないと思っています。
それは大胆な規制緩和です。今の政府が最も不得意としていることのひとつです。
安部政権が打ち出した最初の三本の矢が不発に終わろうとしているのも
この規制緩和が、いわゆる岩盤規制に阻まれているからに他ありません。
 逆に言えば介護の分野でも大胆な規制緩和ができれば、こういった問題は
解決に向かっていけると思っています。例えば、それは、既設の施設基準を
をもう一度見直すという事です。今は特養などでもユニットケアが基準になってます。
確かに、理想のケアを提供するためには、ユニットケアが理想でしょう。
しかし、これはある意味効率の悪い方向に向かっているとも言えます。
個別ケアで個人の人権を守るということは、大変重要なことですが、
一方で人員不足や施設不足と言う大変深刻な問題も発生してきている現状で
どこまで、個人の人権を侵害しない程度に効率よくいケアができるのか
ということは、真剣に考え直さなければならないと思います。
特養については、ほんの一例です。それは、例えば、高齢者住宅に関する
理不尽な規制を緩和していくということもあるでしょう。高齢者住宅から特養にいたるまで
介護の施設基準も大胆に見直し、規制緩和をし、介護保険も大きく規制緩和
するべきです。もちろん、人権と安全に最大限配慮しながらです。
 さらには、介護人材については、昨今言われているような外国からの人材
供給を増やすようなやはり大胆な規制緩和をするべきです。
今のままでは、絶望的に介護人材が将来にわたって不足することは、
明らかな事実です。外国からの積極的な人材流入策なくして、
将来の介護ケアは成り立たないのです。今、大胆な規制緩和をするべき
です。
 NHk特集のなかで、無届け施設を利用している家族の声がありました。
「自分たちは、高額な施設は利用できない、無届けだって言われても、自分たちには
利用させてもらって、助かっている。」この言葉がいみじくも指摘することは、
低額な年金しかうけられないこうした介護難民を救う道は、単に無届け施設
を排除することではなく、それがある背景を理解し、規制緩和を通じて、
しっかりした人権が守れる施設を低額で供給していけるようにすること。
そして、規制緩和によって、人材の供給を増やしていくことだと思います。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/08(火) 11:14:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://urbanhousing.blog61.fc2.com/tb.php/284-cedc5bb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。